より安く面白みのある狭小住宅を建築してもらおう

インテリア
このエントリーをはてなブックマークに追加

一生に一度の買い物

つみきの家

京都で新築住宅を建てる時のメリットとしては、税制上の優遇措置を受けることが出来ることやライフスタイルに合わせた住宅を立てることが出来るということでしょう。引き渡し前には不具合がないかをしっかりとチェックしましょう。

Read More

良い環境での安全な暮らし

内観

高松は、海と山に挟まれているため風光明媚な上に、自然災害が起こりにくい地域です。そのため安全な暮らしを求めて、多くの人が高松で注文住宅を建てています。さらに天然素材を入手しやすいので、注文住宅ではそれを多く使うことができます。天然素材は体に優しいので、その点からも高松の注文住宅は注目されています。

Read More

海と山のある古都の家で

住宅

観光地としてもおなじみの古都である鎌倉は、住みたいエリアとしても人気があり、環境の良さから一度住み着くとなかなか離れない人も多く、とくに一戸建ては資産価値もあることから売り手も買い手も需要が高まっています。

Read More

狭小敷地に建つ住宅

女の人

都心部は地価も高くて希望の広さの敷地が得られない場合も多いものです。そのような狭い敷地に合わせて建てられる住宅が狭小住宅と呼ばれています。建物が密集している場合や建築基準法や都市計画法の法的な制限を受けることも少なくないものです。このような場合はこの種の建物を手掛けて来た会社や事務所に依頼すると知恵を絞ったり工夫して効率的な間取りの住宅が建てられることも多いものです。小規模な住宅が建つので建設費を抑えることも出来、その分素材や設備に拘ったものを作れる場合もあります。建てた後は登記の費用や固定資産税、都市計画税等がかかって来ますが、狭い分これらの額も低く抑えることができます。デザイン性については法的な制限や工夫で独自のユニークなデザインの家になる場合もあります。

狭小住宅は一般には約15坪、50平米ぐらいの小規模の住宅をいうとされています。矩形や正方形の敷地が望ましいところ変形土地や細長くて建物の巾が1間そこそこという敷地の場合もあるとされます。狭小住宅では延床面積を確保するためにRC造やS造の3階建てや4階建て、あるいは地下室を設けることもあり、採光の関係からアクリルやガラスを多用したり間仕切りを取り払うこともあります。移動は階段を利用しますので居室もそれを考慮して計画されます。狭小住宅では隣家が迫ったり敷地ぎりぎりに建てられる場合も少なく無くて外壁の工事には足場や施工の上で技術を要する場合もあります。建築基準法からも高さ制限や斜線制限、その他の法的な制限を受けることになります。